カテゴリー
占いの真相を語る

占いの本質は未来予知ではない

占いの目的は未来予知ではない。

占いの真の目的とは『自分の心を観ること』である。

占い師の真の役目とは、依頼者自身に、自分の心を観ることを促すこと。

では、自分の心を観る目的とはなにか。それは

  • 自分自身が秘めた真の願望に気がつくこと
  • 自分の強み(自分らしさ)を再認識すること。

そして、その答えは全て、既に、自分の心の中に存在していることを知ることである。

占いとは、現代の用語を借りれば、カウンセリングとコーチングが融合した究極の自己啓発メソッドなのである。

真の占いとは『自分の心との対話』を重視する占い。

占いを行う者は、自分らしい生き方と、本当にやりたいことを発見し、心の底から喜べる人生を歩むことが出来る。

そう、もっと人生を楽しむために占いはある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください