カテゴリー
占いの真相を語る

宗教団体はなぜ占いを禁止するのか?

理由は単純です。宗教が時間と労力を費やして信者に提供するものを、〈占い〉が一瞬で提供してしまうからです。

宗教はその信条や教えを信者に提供して、信者に信じて貰う為に、色々な装置やシステムを用意しています。

その装置の中には、教典や神や仏も含まれます。

そのような多大な労力と仕掛けをもって、ようやく信者に、進むべき道や採るべき選択を提示し、信者の信頼を勝ち得て、ようやくその宗教が目指す世界へと信者を導くわけですが、

この一連の過程を、あっという間にすっ飛ばして、

迷える者に具体的な道を示し、信頼を獲得し、実際に道を歩ませる力を持つ存在が、〈占い〉なのです。

なので、教団がまだ生まれたばかりで信者の数が少ない時は、主に信者獲得の導線として、教団は積極的に〈占い〉の力を利用しようとしますが、

ある程度その教団自体が力を持つと、今度は〈占い〉を禁止するようになるのは、そのような理由からです。

なぜなら教典の有り難い教えよりも、占い師の告げる〈占い〉の暗示を信じられてしまったら、宗教の立つ瀬が無くなってしまうからです。

今回はそれだけ〈占い〉には人を魅了する力、パワーがあるというお話でした。

カテゴリー
占いの真相を語る

占いは仮想現実をシミュレーションすることで心に化学変化を起こすことを目指す思考実験の為の道具である

占いが当たるとか当たらないとか、そのようなエンタメ的要素を論じる時代はとうの昔に過ぎ去りました。

結論から言えば、占いの告げる未来は、当たりません。

ただし、その未来を、現在の時点で知ろう、把握しようとするその行為(占う行為)自体の価値は、いささかも減じることはないのです。

なぜなら、既に、占いは新しい時代の価値観に合わせた、新しいステージの占いへと変貌しているからです。

新しい時代の、新しい占いとは、未来という仮想現実を、今敢えてシミュレーションすることで、あなた自身の内面の奥深くに眠っている心の領域、魂の領域に科学変化を起こし、自分の真の願望と、自分の強み(自分らしさ)を再発見する行為を目指すものです。

占いとは、その一連のプロセスを実施する為の思考実験の道具、ツールなのです。

つまり、占いは現代において、シミュレーション・ゲームのツールとなったのです。

そして、自分の真の願望と自分の強みを発見した者は、誰でも幸せで、心の底から満足することが出来る、現実の人生を歩むことが出来るようになるのです。

占いは、当たらないが、人生の役には立つ。

さあ、あなたも占いで開運の扉を大きく開きましょう!

カテゴリー
占いの真相を語る

占いの本質は未来予知ではない

占いの目的は未来予知ではない。

占いの真の目的とは『自分の心を観ること』である。

占い師の真の役目とは、依頼者自身に、自分の心を観ることを促すこと。

では、自分の心を観る目的とはなにか。それは

  • 自分自身が秘めた真の願望に気がつくこと
  • 自分の強み(自分らしさ)を再認識すること。

そして、その答えは全て、既に、自分の心の中に存在していることを知ることである。

占いとは、現代の用語を借りれば、カウンセリングとコーチングが融合した究極の自己啓発メソッドなのである。

真の占いとは『自分の心との対話』を重視する占い。

占いを行う者は、自分らしい生き方と、本当にやりたいことを発見し、心の底から喜べる人生を歩むことが出来る。

そう、もっと人生を楽しむために占いはある。

カテゴリー
占いの真相を語る

複数の占いのアドバイスが矛盾・対立した時の対処法

複数の占いからアドバイスを受け、そのアドバイス同士が矛盾・対立した時は、その時々の自分の直感でピン!ときた方を採用しましょう。

また、より自分事のように感じられるアドバイスを採用しましょう。

これは私たちが自己啓発の本を読む時の手法によく似ています。

自己啓発の本から教訓を得る場合、普通、本の中に書かれているアドバイスを全て受け入れることはせず、自分の置かれている環境や状況に応じて、一番相応しいと感じられる一節を選択し活用されると思います。

占いのアドバイスが矛盾した場合は、この自己啓発の本を読む時の手法を参考にしてみてください。

カテゴリー
占いの真相を語る イーチンタロット

イーチンタロットカードの効能

イーチンが意味する〈易経〉は、元来その成り立ちは〈占いのテキスト〉として誕生したものであるが、長い歴史を経て、現在では東洋哲学の最高峰、人生の処世訓の叡智、宇宙の書などと称され、特に学問として取り扱うアカデミックの世界では、占いとして側面が極力排除されている傾向が強い。

玄彗としては、アカデミックの世界で、易経を哲学書として位置づけ、占いの要素を排除することに特に異論はないが、そうであっても、易経を理解する為の学習教材として、イーチンタロット・カードを利用することは大いに薦めたいと考えている。

元々、易経は占いのテキストからスタートした性格上、その内容は非常に抽象的であり、初学者には易経が言わんとする意味がすぐに分かりにくいという難点がある。

その際に、カードを用いることによって、ビジュアル的にまた簡潔に、易経の暗示する意味を把握をすることは、易経の学習において、とても有意義であると考えるので、これから易経を学習する者、または学問の場で易経を教える者は、ぜひイーチンタロット・カードを取り入れることを検討されることが良い。